毎日新生するログ

願わくば長く書き続けることになりますように。

心に在るということ

聞いたことのないような音も


こころの中にはあるように


それをつむぎ出せなくても


触れられなくても


僕の心に「それ」がある


確かなもの


なにものにも 妨げられない


僕の自由な 豊かさ


そこに 在る きもち


それは 抱きしめた地面の味を思い出すよりも


僕の足を 前に進める


全ては自由ではない


僕の心は


僕の心の中に在る それは


本物


それだけで いい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。