毎日新生するログ

願わくば長く書き続けることになりますように。

hope my pony

線路の脇に


マッチの燃えカスに


飲み屋の朝に


学校の帰りに


駅のトイレの


落書きに


詰め込めるだけ詰めた


家出の準備に


春が 夏の匂いをさせて


良きものが


待っているかもしれない どこかへ


さよなら


知らない人


さよなら まだ見ぬ人


さよなら


仮の住まい


さよなら


夜警さん


さよなら


掃除やさん


さよなら


かつての ともだち


さよなら


道端の 忘れ物


懐かしくて


新しい


靴を履いて


春が 夏の匂いをさせて


良きものが


近づいていますように


血が 体の隅々まで


行き渡るように


目を閉じて


どこか遠くを 思う


まだ見たことのない


もしくは


あの時の


どこかへ


さよなら


夜警さん


さよなら


かなしみ


さよなら


明日の朝まで


少し 目を閉じる

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。