毎日新生するログ

願わくば長く書き続けることになりますように。

女郎花

気がつけば 思ったより とても


疲れ果てて 子供よりも


眠りこけ


目が覚めて ひとり 重たい 飲み物を


ぶら下げる帰り道



すべり込むように


いや


覆いかぶさるように


恋しい


人の ぬくもり


皮膚や 肉 髪の毛 声


信号を待つ僕は


明日の仕事に備えて


たくさんの飲み物を


ぶら下げて


狭くて 目まぐるしい 東京


大好きで 逃げ出したい


抱いておくれ


それが叶わないならせめて


顔に


触れておくれ


寂しい


長い 深呼吸


暖かくて


意味の無い部屋に帰ると


起きたばかりなのに


もう眠りたくなる


寂しい


長い 深呼吸


せめて


顔に 触れておくれ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。