毎日新生するログ

願わくば長く書き続けることになりますように。

恐怖症

床に


座る


物音は 心を乱す


音楽を 日がな一日垂れ流し


筋力


心の筋力は


床に吸い込まれるように


摩耗した


やっと 終わり 1日が


あっという間で


少しずつ


淡々と


鈍麻して 失う


しかしそれは


歳を重ねること の


利点でもある


けれど しんしんと


さみしい


じりじり焦げるような

狂おしく待ちきれないような


しびれは 日々


失われる


羽虫の美しさは 失われ


樹木の叡智と 引き換えに


可能性の有限と


落ち着きを手に入れる


失うもの 得るもの


生きることは


変わり続け


削られた石は


鈍く光り 佇む


穏やかな 憂いと


忘れかけた 発熱

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。