毎日新生するログ

願わくば長く書き続けることになりますように。

Nihilism

近づいては 離れ(られ)


通わせては 逃げ(られ)


交わっては 放り投げ(られ)


地面を抱いている


涙と雨水と いくらかの


汚物に浸り


物思いにふけるたび


帰ってきたような気がする


我が家 なんてない


ただ


そんなような 心持ちは


あるんだ


虚無の中の 煤けた 俗と 純粋の入り交じる


そんなところに


帰りたいような


それは こわくて


愛おしい


呼ぶ声

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。